『日本の武器兵器』japaneseweapons.netは須川 薫雄(しげお)、長年の日米における研究と、陸上自衛隊武器学校小火器館顧問、日本銃砲史学会員としての学習を元に内外の研究者や協力者に支えられ、日本の武器兵器の歴史、実態を内容としている。正確さを期しまた理解容易で普遍的な内容とするために、多くの画像、数字、表、出典を挿入した。内外の研究者に頻繁にお役に立てれば幸いである。

「日本の戦乱と平和」の歴史は極端なる波をなしている

日本の戦乱と平和 (クリックで拡大)

日本の戦乱と平和 (クリックで拡大)

日本は世界でも珍しい神話から生まれた近代国家、アジア初の立憲君主国家である。12世紀、本格的に武家社会が形成され、「鎧、刀剣、長弓」の確立があった。応仁の乱に始まった戦国時代、16世紀、「鉄砲が伝来」またたく間に大規模に使用された。一方17世紀からの鎖国により、国内的には平和な時代が続いた。19世紀半ばの戊辰戦争、明治維新に始まる、富国強兵時代(約4分の3世紀)その兵器近代化の核をなした「機関銃」採用。数々の「艦艇、航空機」を開発。そして1945年より民主平和期が続いているすでに70年間近く、「国家としては一発も撃たず、一人も殺していない」状況である。極端な「戦乱と平和の歴史」を持つ日本、次はどうなるか。歴史に学ぶは賢者であり、経験に学ぶは愚者である。各人、武器兵器を胡散臭いものと思わずその歴史を研究するはやはり懸命であろう。(2013・2・11)

論文集

NEW 江戸期の銃砲管理 鑑札、高札に観る(PDF)

『大砲技術の進歩・駐退機構の必要性』(PDF)
JADI誌平成25年3月号  『日本人の兵器感覚』(PDF)
JADI誌2月号  『大砲コンプレックス』に陥っていた日本(PDF)
JADI誌1月号  日本の古式銃射撃と問題点(PDF)
JADI誌12月号  大河ドラマ「八重の桜」と戊辰戦争の武器兵器(PDF)
JADI誌11月号 「統制経済下の日本航空工業」(PDF)
JADI誌10月号 「日本の銃砲規制の背景と影響」(PDF)
JADI誌9月号 「兵器ハ永遠ニモタスベシ」南部 麒次郎の功罪(PDF)
日本のゲベール銃(PDF)
JADI誌8月号 日本の弓矢(PDF)
JADI誌7月号 「三十年式兵器」と有坂 成章(PDF)
JADI誌2012年6月号「アメリカ南北戦争と日本戊辰戦争の間」(PDF)
JADI誌2012年5月号「日本は機関銃先進国であった」(PDF)
JADI誌2012年4月号「1600年、世界最強の軍事国家だった日本 」(PDF)
陶器製手榴弾への疑問(PDF)
「国際前装銃連盟委員会MLAIC’s 24thWorld Championshipにおける日本の火縄銃銃器審査と課題」(PDF)
「八九式重擲弾筒50 mm世界初の個人装備砲」(PDF)
「特異なる日本銃砲(じゅうほう)史」(PDF)
日米銃砲規制の歴史的・社会的背景(PDF)
二人の兵器開発者(PDF)
日本の火縄銃目当てをめぐる議論その1(PDF)
2種の異なる日本戦闘機固定機銃7・7mm(PDF)
効率的だった日本の火縄銃と装具(PDF)
陸上自衛隊武器学校技術資料館展示(PDF)HTML版
火縄銃と火打石銃の 実用性比較
銃砲史研究361号「三十年式装具と日露戦争」
日本銃砲史学会編銃砲史研究360号 「日本への機関銃導入と開発」(PDF) (HTML版)
大日本帝国陸軍軍用光学兵器開発(板橋区立郷土資料館特別展2010) (HTML版)


著作: 須川 薫雄    写真:戸樫 清 / 山田 雅人 / 遠藤 惇一 / 渡辺 昇 /工藤ケイイチ
題字: 増永 広春