click to English page
火縄銃をご紹介します軍用銃をご紹介します機関銃をご紹介します弓矢をご紹介します日本の鎧と甲冑をご紹介します日本の刀剣、槍と薙などをご紹介します書籍のご紹介など

小銃
拳銃
銃剣
携帯用兵器
装具
狙撃銃と照準眼鏡

教練制度と機材

信号銃
通信用具

「バンザイシュート」報告

 
新発見(軍装操典より)
騎兵銃用弾薬盒
銃剣差し初期型
小銃用負い革・負い紐
革帯の真贋
小銃用負い帯
四四式さく杖
二十六式ホルスター
義烈隊用の手榴弾収
容嚢

 

 

 

 

 

トップ > 軍用銃 > 携帯用兵器
携帯兵器
日本の歩兵は基本的にその装備を携帯し徒歩で作戦を遂行した。車両、船舶、航空機による輸送は考えてなく、歩兵兵器、弾薬は 出来る限り身に付けての運搬を考え開発され、各種兵器の組み合わせで最大の効果が得られるようになっていた。 それらは、手榴弾、擲弾筒、擲弾器、光学兵器などである。

手榴弾
十式手榴弾は大正10年(1921)に制定になったもので、擲弾筒での発射を考え下部に発射薬の入った円筒が装着される。こ れの外側を少し簡略化した九一式(1931)があり、下部の発射薬が付かず、投擲目的のみのものが九七式(1937)で一番多 く見られる。これはTNT火薬62gを炸薬とし威力のあるもので遅延薬(ヒューズ)の燃焼時間を4―5秒にした。 ここまでの手榴弾は大型で個人が携帯するに数に限度があったので、小型に、しかも生産を容易にした九九式(1939)が開発され た。九九式は連合軍にキスカで初めて知られたので「キスカ」型と呼ばれているが、TNTの変わりにピクリン酸を使用し、強力な がら小型で投げやすい。九七式を20m投げれるなら九九式は30m投擲出来るだろう。 この他に九八式(1938)としてドイツ式の柄のついたものも生産されたが、数量は限られていた。この頭の部分及びピクリン酸装薬 は九九式に引き継がれた。日本兵は一人の歩兵が標準3個を装備したと言われている。

工廠竣工数からの生産数

モデル
生産数
(個)
全体長
(mm)
直径
(mm)
重量
(g)
十年式
約15万
--
--
--
九一式
約100万
125
50
530
九七式
約790万
70
50
450
九八式
約10万
200
50
600
九九式
約1100万
90
45
300
 
擲弾筒
写真:十年式
日本軍の擲弾筒活用は良く知られており、日本歩兵戦闘様式のひとつの特徴であった。 2種類の擲弾筒が存在し、大正10年制定の十年式手榴弾を発射する十年式、昭和4年(1929)に制定された八九式がある。十年式を軽、八九式を重擲弾筒と呼ぶこともある。八九式は発射薬筒付きの手榴弾だけでなく、専用の八九式榴弾を発射する。
精機など民間会社で生産された。
十年式は全長525mm、筒身長240mm、口径50mm、重量2・6kg
八九式は全長608mm、筒身長248mm、口径50mm、重量4・7kg
両方とも信号弾、照明弾打ち上げにも使用された。発射筒には手榴弾では側面に6、榴弾は底面に8個の孔が開いており、発射薬 (黒色火薬)のガスが弾体を筒から押し出した。 八九式には腔箋(ライフル)が切られており、広がった胴製底部がそれに噛んで回転を与えた。十年式は滑腔で手榴弾発射筒側面の孔から出るガスが角度を持ち、それで弾体に回転を与えた。

写真:八九式(左=前期 右=後期)

生産数
十年式1925―1937年 総数約7000門
八九式1932―1945年総数約12万門

工廠以外でも、十年式は南部、八九式は南部、島津、愛三、理研、光精機など民間会社で生産された。

 
擲弾器
小銃銃口部分に装着し手榴弾か専用の榴弾を発射し、手で投げる以上の距離に正確に飛ばすことを目的としている。大別し2種類ある。
一〇〇式擲弾器(1940)は九九式手榴弾を発射するためのもので筒は銃口上部にあり、通常弾を発射し銃口から出るガスを使用し 手榴弾を飛ばす。まず銃剣を装着しその鍔を使用して固定する。銃口部分外径の差、ガス圧の強さから、三八式用、九九式長小銃 用、九九式短小銃用などが存在する。実験してみると50―100mの距離ではかなり正確に飛び 車両などの目標を捉えることが出来る。孔の抜けるガスの強さを調整することで飛距離を調整した。真上に発射すると約30mくら い上がる強さがある。最大射程は200mくらいか。
二式タ弾投擲弾器(1942)はドイツの技術で開発された対戦車用兵器。タ弾は木製弾丸を使用して発射された。発射器は一種で大 小の銃口を挟み込みボルトで固定した。タ弾は目標に命中すると威力がコーン型弾体内部の仕組みにより前部に集中され装甲を破 るように設計されていた。日本製のタ弾はドイツの図面に基づいて製造されたものと思われる。
 
光学兵器
左より九三式50mm観測鏡、九三式双眼鏡、一三年式双眼鏡
日本軍は各種光学兵器の分野では先進的な考え方と技術を持っていた。地上で歩兵が使用したものの代表的なものは八九式双眼 鏡、九三式50mm観測鏡、九三式4倍双眼鏡である。 特に九三式双眼鏡はプリズムを使用せず小型で廉価に作り分隊単位で装備させた。多くの収容嚢が厚い帆布を固形化したものでこ れは湿気などに強い優れたものである。
       

*このサイトの全ての文章、数字データ、図表、写真は須川 薫雄の著作物であり、無断掲載、使用を禁止します。
このホームページ内容に関するご意見、ご質問、また本のご発注はこちらまで。