火縄銃をご紹介します軍用銃をご紹介します機関銃をご紹介します弓矢をご紹介します日本の鎧と甲冑をご紹介します日本の刀剣、槍と薙などをご紹介します書籍のご紹介など



JapaneseWeapons.Netは須川 薫雄の研究による、日本の武器・兵器の専用サイトである。
主な内容は1543年に伝来した火縄銃から、1945年日本帝国敗戦に至るまでの日本製銃器と各種の武器・兵器である。

情報は武器・兵器を数量的に捉え、各種実験などを通し、他国の同様武器・兵器を比較した特徴と背景を客観的に網羅した。 日本における過去60年間の武器・兵器文化の否定は、日本の武器・兵器の実態を曖昧なものとし、正確な歴史的事実が失われつつある。

内容は正確さを追求し、多くの画像を挿入することにより、内外の研究者の要望に最大限応えるべく努力した。

日本の戦乱と平和の歴史

応仁の乱に始まった15−16世紀の日本の戦国時代は、信長、秀吉の統一への道、朝鮮出兵、関が原合戦、大阪の陣と大規模かつ鉄砲を使った激しいものであった。
一転して、江戸期は「一生刀を抜いたことがない侍」が殆どであったほど平和な200年間だった。
1853年黒船来航から、幕末、までの転換期があり、明治以降「富国強兵」は国是となり、約75年間が軍国期で、日本の武器兵器は欧米以上の水準に達した。日本が列強の一角をなした最大の要素は1898年の「機関銃」の採用だ

1945年、敗戦以来、約60年間は「民主平和期」として、軍隊は1発も撃たず、一人も倒してないと言う現世界では考えられない平和状態にある。
鉄砲(1543年)と機関銃(1889)採用の背景は非常に似た日本独特の要素が存在した。
ブログJapanese Weapons
書籍のご注文はメールでご連絡ください。
本の新価格平成23年1月より
以下のごとく改定させていただきたくお願いします。
「日本の火縄銃」1 :5,000-
同 英語版     :10,000- USD100-
「日本の火縄銃」2 :10,000- USD100-
「日本の軍用銃と装具」:18,000-USD180-
「日本の機関銃」  :7,000- USD70-
英語版「中国戦線の日本兵」:3,000- USD30-

須川 薫雄
銃砲史研究論文集

大日本帝国陸軍軍用光学兵器開発(板橋区立郷土資料館特別展2010)  (HTML版)
日本銃砲史学会編銃砲史研究360号 「日本への機関銃導入と開発」(PDF)  (HTML版)
銃砲史研究361号「三十年式装具と日露戦争」
火縄銃と火打石銃の 実用性比較
陸上自衛隊武器学校技術資料館展示(PDF)  (HTML版
効率的だった日本の火縄銃と装具(PDF)
2種の異なる日本戦闘機固定機銃7・7mm(PDF)
日本の火縄銃目当てをめぐる議論その1(PDF)
二人の兵器開発者(PDF)
日米銃砲規制の歴史的・社会的背景(PDF)
「特異なる日本銃砲(じゅうほう)史」(PDF)
「八九式重擲弾筒50 mm世界初の個人装備砲」(PDF)
「国際前装銃連盟委員会MLAIC's 24thWorld Championshipにおける日本の火縄銃銃器審査と課題」(PDF)

著作: 須川 薫雄 写真:

戸樫 清 / 山田 雅人 / 遠藤 惇一 / 渡辺 昇 /
工藤ケイイチ

題字: 増永 広春
リンク:

*このサイトの全ての文章、数字データ、図表、写真は須川 薫雄の著作物であり、無断掲載、使用を禁止します。
このホームページ内容に関するご意見、ご質問、また本のご発注はこちらまで。