click to English page
火縄銃をご紹介します軍用銃をご紹介します機関銃をご紹介します弓矢をご紹介します日本の鎧と甲冑をご紹介します日本の刀剣、槍と薙などをご紹介します書籍のご紹介など


機関銃の種類
機関銃の装具と弾薬
   
 実射レポート
「一〇〇式短機関銃と九六式軽機関銃」の実射
十一年式と九九式軽機関銃にみる日本兵器史
   
トップ > 機関銃
日本は機関銃出現初期より一貫して機関銃先進国であった。機関銃は無煙火薬開発を機に内燃機関と同じ原理で発達、19世紀から 20世紀にかけての世界を方向付けた最も重要な兵器の一つである。機関銃はそれまでの兵器に比べると、良く訓練された組織的な 軍隊、多量の補給、科学的な考え方、近代的な工業と生産などを前提として、持てる国と持てざる国の格差を拡大させ、帝国主義を助長したのである。日本はその持てる国、西欧以外唯一の国、最後に位置し、それ故にその後半世紀の帝国を維持した、と言っ ても過言ではない。
機関銃が最初に大規模に使用されたのは1904-5年の日露戦争であり、この戦闘方法は10年後の第一次世界大戦の雛形となった。
機関銃はマキシム、ホチキス、ブローニング等の開発者が20世紀初頭その技術を競い、 各国はそのいずれか、もしくは組み合わせて採用し、第一次大戦では車両、航空機の発達により様々な使用方法が開発された。それまでの地上用機銃のみならず、航空機用、対航空機用、車両用、対戦車用、船舶用などである。地上用も従来の固定して発射するものから、携帯し移動して発射するもの(軽機関銃)さらに塹壕戦で短機関銃の発達をみた。


日本は19世紀末にフランスのホチキスを輸入しそれ以来、各種地上用機関銃及び対空機関銃などはホチキス系で来ており、ホチキス教室の最大の生徒を言ってもよい。
ホチキスはマキシムなどに比べると機構が簡単で(ガス圧利用)、金属製の保弾板か箱弾倉を使用するものであった。日本の機関 銃開発の父は何と言っても南部麒次郎氏で、ホチキス機銃の改良型、保式(1900)、三八式機関銃(1906)、三年式機関銃(1914)、十一年式軽機関銃、八九式旋回機関銃、 九二式車載機関銃、九二式重機関銃、九六式(九九式)軽機関銃などの生みの親である。
第二次世界大戦に向い、地上用のみならず、車両用、航空機用、艦船用に多種多量の機関銃、機関砲の需要が発生すると、世界中 のありとあらゆる技術を採用した。
       

*このサイトの全ての文章、数字データ、図表、写真は須川 薫雄の著作物であり、無断掲載、使用を禁止します。
このホームページ内容に関するご意見、ご質問、また本のご発注はこちらまで。