click to English page
火縄銃をご紹介します軍用銃をご紹介します機関銃をご紹介します弓矢をご紹介します日本の鎧と甲冑をご紹介します日本の刀剣、槍と薙などをご紹介します書籍のご紹介など


弓の種類
矢を収納するもの
其の他付属物
トップ > 日本の弓矢
日本の弓矢
日本の現存する弓矢は非常に少なくまた記された資料も少ない。弓は原始より人類が狩猟及び戦いに使用した最も古い武器の一つ であり、相撲の弓取りに象徴されるように、ある時は成功を意味し、また古来魔除けなどの信仰も意味していた。弓取りの家と言うように地位を意味したりもした。
戦国時代、鉄砲出現後も弓は戦いの重要な武器、鉄砲の弾幕を補うものとして使用された。 1500-2000石の武家は鉄砲10人、弓5人、槍5人を装備していたと言われている。弓は鉄砲の半分の数である。しかし江戸時代は他の武芸と同じく武道としての弓道は残り、戦闘での弓は形骸化され、実際の戦闘でどのように扱われ活躍したか、その姿を窺い知るのは難しい。
雑兵物語には、弓足軽への教えとして「必ず命令された距離より遠くを射てはならない。近くに射るのは構わない。練習で的を射るより、引き絞ってから2倍の時間を持ちこたえて射りなさい。つがえても引き絞っては緩め、緩めては引き絞れ。」とある。 実用の有効射程距離としては、長弓50m、半弓30m、李満弓10mというところであったろうと推定する。練習は15間、30mくらいで行ったものか。また33間廊下を通す(上にも下にも触らず)記録を競いあった。現在の練習用の矢に比較すると実用に使われた矢は其の鏃が鋭く、迫力があり、全体に太く、重い。また実用に使われていた弓は現在の練習用の弓よりはるかに厚く、重くまた張力の強いものであった。2人張り、3人張り、4人張りと言うように、複数の人力を用して弦を張るようなものであった。また弓を射る者は相当にそれを修行し想像を絶する強い力を保持していたに違いない。
       

*このサイトの全ての文章、数字データ、図表、写真は須川 薫雄の著作物であり、無断掲載、使用を禁止します。
このホームページ内容に関するご意見、ご質問、また本のご発注はこちらまで。