火縄銃



10 、家紋の象嵌

火縄銃への家紋象嵌の意味

日本の火縄銃には家紋が象嵌されていることが多い。武士にとって家紋は、家筋とその誇りを示すものだ。また永遠の家内安全と繁栄を祈念した象徴である。

家紋は武家社会のなかった、中国、韓国にはない。日本がアジアに存在する国でありながら、欧州的な性格であったことはこの事実からも推定できる。

象嵌には、このほか様々な種類の物が存在する