3、陸上自衛隊の各種戦闘車両

戦前、日本はモータリゼーションが遅れ、開戦前、自動車生産量は米国の数十分の1と言われていた。兵站にトラックが使われることは少なく、馬載、馬車が一般的であった。日本のモータリゼーションは1960年代になり発展し、道路インフラも整備された。現在は日本の自動車産業は開発、生産ともに世界有数の規模をもち各国で多種の日本車が生産されている。この背景には戦前・中に発展した航空機産業からの転業があったのではないか。陸上自衛隊では多種の戦闘車両を使用しており、その中には武器輸出にからみ各国からの問い合わせの多いものがある。
また皮肉なことに輸出された日本の4輪駆動トラック類は、中東やアフリカで武装集団の移動、戦闘にそのまま使用されている。

 

3-①92式地雷原処理車

image001

 

image002
宇都宮駐屯地にて

大変興味深い機能をもった大型車両で、何回かあちこちで目にしたが、その活用法は富士総火演で実際の発射を見なければ理解出来ない。

image003

 

image004

image005

 

地雷原に正対して位置し、ランチャーの角度を付ける。ロケットを発射する。
ロケットはかなりの高度まで上がる。

目的は日本での戦闘を意識したと言うより、国際貢献活動だ。戦車の補助兵器で、「マイン・スィーパー」とも呼ばれている。乗員は2名だが全部のドアを開け、乗車する。車体の前部には大きなブルドーザーの刃が付いている。

全長 全幅 全高 重量 乗員
7.6m 3m 2.8 m 20t 2名

ロケット弾は

全長 外径 重量 ロケットモーター
7m 40cm 1t 4基

 

image006

image007

上は飛翔するロケット、下ロケットから出てきたワイヤーと
後部はパラシュート

仕組みは2連装のロケットランチャー(箱型)からロケットを地雷原に向けて発射する。ロケットは後部にパラシュートが付いたワイヤーを曳く。このワイヤーには26個の爆薬が繋がっている。空中で後部のパラシュートが開き、本体からワイヤーが伸び、地上に一列になり落下、爆薬が破裂、地雷原の地雷を次々と誘爆させ、地雷原に戦車が通れる道を開ける。と言うものだ。
富士総合火器演習にて。この時、爆薬は半分の数しか付けてなかった。

image008

image009

ロケットの発射は大砲と異なり、ヒューと言う金属音が大きい。
数百mは飛翔してうまく機能した。現在の装備数は不明だが、推定するに200両くらいか。海外からの引きあいの多い、日本の戦闘車両のひとつである。製造はIHI。
(この項以上)

2、戦後の戦車

富士学校開発実験団では「兵器開発10年間」と言う昔、帝国陸軍技術本部にいた伊藤愼吉氏の話とほぼ同じ内容を聴いた。戦闘車両は日本が独立し、米軍の供与装備に頼らなく、兵器を自国生産すると決めた時から10年後にまず

① が制定され、②,③、④とほぼ重なる期間はあるが、10年ごとに新たな
要求が作成され開発、制定、生産がなされてきた。
朝鮮戦争が終結し、冷戦下、米国は欧州での対ソ連活動が課題であった。
また、1944年頃、帝国陸軍は戦前開発生産した日本の戦車では敵わないとの結論から一式、三式、五式などの米国型戦車を開発、生産した。その数量は数百両あり、本土決戦のため国内に配備されていたが、使われることなく、敗戦を迎えた。全てが破棄され、三式戦車1両が武器学校に展示されている。
だから三菱重工など民間企業には、朝鮮戦争の際、故障、破壊された米軍戦車の修理を行えるだけのノウハウが存在したと推定される。近代的戦車の開発は唐突でなく歴史の流れの中で発生した事象であり、その経過は以下の通りである。
供与時代、本土決戦のための戦車の戦車兵は失われることなく、戦後も多くの人たちが警察予備隊の門をたたいたと言われている。
現在、日本は戦車を近代戦の位置付順位を落とし、定数400両として、将来はなくなるだろうと言う意見もある。これはソ連崩壊後のロシアとの関係で北海道での戦闘想定が減少してためと推定される。しかい対テロ、またロシアの微妙な外交から日本の安産保障上は必ず上位に考えなければならない装備である。
一旦、切れると続いた歴史を取り戻るには、開発、整備、乗員、全てが10年間では済まなくなるので、後継は絶えず考えておくのが妥当であろう。

①61式戦車と60式装甲車

近代戦を想定し明らかに組として開発された装備であろう。生産数が戦車560両、装甲車428両であった。だが、技術は完全に日本独自のものにはならず砲など一部の部分は外国製を使用した。
現在、退役後のこれらの車両は全国の自衛隊駐屯地に展示されており目にする機会は多い。写真は富士学校の展示物である。
61式戦車は当時の日本国内の道路事情から鉄道貨車に搭載できるが条件であった。

全長 全幅 全高 全重量 最高速度 発動機 排気量 乗員 主砲
6.3m 3.0m 2.5m 35t  45km 570hp 3万㏄ 4  90mm

 

これと言って特徴はないが、おなじみの戦車で、全高は、その後の戦車より
高い。
砲は国産にするべく苦労したが、開発出来ず米国の砲をそのまま使用した。

image002

富士学校の展示

image002

image003

武装としては90㎜砲以外に7.62㎜、12.7㎜機銃を装備した。

① のB 60式装甲車
自らの12.7㎜、7.62mm x2の武装を持ち、4名の乗員の他、6名の武装兵が搭乗できた、兵員輸送車である。

全長 全幅 全高 重量 発動機 速度 走行距離 乗員
4.9m 2.4m 1.7m 11.8t 220hp 45km 230km 10名

1955年から2007年まで使用された。

image004

 

 

② 74(ナナヨン)式戦車

 

image001

この74(ナナヨン)式と、90(キュウマル)式戦車に搭乗したことがある。74式に比較すると不整地の走行で90式の滑らかな走りに驚嘆した。しかし74式は荒っぽいがいかにも戦車らしい。
今回の74式は3度目の搭乗で、戦車長席にかなり長い時間載せていただいた。
戦車は乗り物の一種とは言え、乗り心地の良いものではない。砲を発射すると、下の画像のように炎が砲口より出る。戦車は発射するやいなや、即位置を移動する。その速度もとても早い。

image002

image003

image004

74式は900両近く製造されたが現在ではその三分の一くらいしか残ってない。新式に置き換えられているのだ。この戦車は始めて油気圧サスペンションを採用し、戦車の姿勢を左右、前後に傾けることができる。

image005

これは地形に合わせ戦車の射撃を正確に行うためである。

諸元

名称未設定

砲の照準はレーザー測遠儀、弾道コンピューターを使用する。夜間戦闘には赤外線暗視装置。進行方向に向かい砲の左に照準装置の箱がある。その他の兵器は7.62mm,12.7mm

image006

image007

image008

image009

74式が古くなったので退役、効率化を図る、その施策に異存はない。しかし日米同盟では日本の米軍には戦車は装備されてない。また有事、災害出動の機能と、地政学的な条件を考えると、全国にある程度の数両を配備しておく必要があることは言うまでもない。

③ 90(キュウマル)式戦車

image001

image002

(地にまぎれる感じ)

今更、語るところの少ない名戦車だが実戦の経験は他の自衛隊装備品と同じく
一度もない。兵器開発、今も昔も10年間と言われていたようにこの戦車も
1970年代後半から開発が行われ、1990年に制定された。車体は三菱重工、
主砲は日本製鋼所製だ。価格一両8億円.
世界三優秀戦車の一つだ。(他はエイブラムス、レオパルト)どこが優秀かは戦闘してみないと分からないが、実際に早い、行動が素早い、それに加え射撃統制装置と自動装填装置、また乗った感じも大変良い。富士火器演習では走りながら発射する、斜面で発射する、発射したら全速力で位置を変えるなどを近くにみた。確かに普通戦車と言う感じではない。

image003

image004

諸元

全長 全幅 全高 全重量 最高速 発動機 排気量 乗員 主砲
9.8m 3.4m 2.3m 50t 70km 10気筒 21500cc 3名 120mm

 

国防方針が変更になり340両しか生産されてなく、北海道に主に展開していたが、先日九州でも観たので、国防力の西日本シフトの一環ではないか。
何度も様々なイベントで実弾を、空砲を(以前はなかったが今はある)、そして
戦場での発動機交還、戦車自体の回収、などの作業も見学した。実際の戦場では如何なるものになるか、それは不明だが訓練では実に危険で厄介な作業を手際よく短時間でこなしていた。以下はその作業である。(自分で撮影した画像なので上手に撮れてないが、我ながら迫力はあると思う)

A,発動機の交還
戦場で破損した戦車の発動機だけを変える作業

image005

image006

image007

image008

B.牽引撤退
戦場において地雷などで破壊された戦車を曳引車が来て360度回転し、フックで曳き退却させる。

image009

image010

image011

image012

image013

image014

image015

 

C,搭乗体験
停車している時がから発動機はゴウゴウを大きな音で響く。一旦動き出すとその加速は早い。

image016

image017

image018

この搭乗以外にも
裏の山あり谷ありの訓練地を走った画像もあるのだが、見つからず。
90は74と異なり、凸凹の地面でも死ぬかと思うようなことはなかった。

開発に使用されて機材が展示されているが、雨さらしなので、下面を鉄骨で支えている。

image019

主砲は120㎜滑腔砲(独逸の技術)その砲弾

image020

image021

image022

 

④10(ひとまる)式戦車

image001

初めて見たのが数年前の朝霞の観閲式だった。試作車だったろう。
90式と見分けるのは転輪の数がひとつ少なく5個だ。しかし野原を駆け巡っている戦車の形、戦闘では敵味方ですら目視困難ではないか。
機動性とネットワークが目玉だ。何両かでプログラムされた行動が出来る。
これは他の戦車には出来ない。小型、軽量化されたので、都市部での作戦に
優位性があるなど。

全長 全幅 全高 重量 速度 発動 乗員
9.4m 3.2m 2.3m 44t 70km 1200ph 3名 120㎜

image002

2両の戦車がスラローム射撃を行うデモ富士総火演では披露する。

image003

image004

高速で後ろに下がる

image005

1、大日本帝国の戦闘車両 

1930年代、帝国陸軍が行った近代化は、航空戦力増強の他は、伝統的な騎兵を戦闘車両部隊に転換し展開する、と言うことくらいしかなかった。その実現は限られており、騎兵銃が車両兵の装備に使われた。
日本の戦車開発や増強の苦労が花開いたのは実は戦後、自衛隊の時代で、帝国陸軍時代は装甲も砲の規模も小さく、装備数も限られていた。
その主なるものは、八九式中戦車(1928)、九五式軽戦車(1935)そして九七式中戦車(1937)の3種類と、大戦中に一式、三式、四式など砲を大きくした車両を開発し本土防衛のために温存したがそれらに活躍の場はなかった。
いずれの戦車もディーゼルエンジンを装備した点が他国の戦車に比較して引火し難いので評価された。

①八九式中戦車

八九式中戦車は陸上自衛隊武器学校に稼働するもの、エンジンは新しいが、その他、キャタピラなどはそのまま、が存在する。当時の戦車駆動の様子を偲ぶことができる。しかしわずか404両しか生産されてないが、これでも当時の帝国陸軍の予算を大きな部分を占めた。中国戦線では大活躍した。

image001

(中国戦線の八九式戦車隊 「中国戦線の日本兵」より)

image002

(陸上自衛隊武器学校の稼働する八九式中戦車)

ルノー戦車輸入から国産開発まで、兵器開発10年間と言う当時の常識を証明した兵器であったが、ノモンハンではソ連戦車に大敗した。
諸元

全長
5.75m
全幅
2.18m
全高
2.56m
重量
13t

57mm
機銃
6.5mm

 

image003

(歩兵分隊と連携作戦中の八九式戦車、右端に排莢された57mm空薬莢が見える)

② 九五式軽戦車

九五式軽戦車は輸送が比較的楽であったので、太平洋の各戦場で使われた。
タイ国に50両が輸出され、タイ国国防省の玄関に一両が展示されている。他にも同国には稼働するものがあるはずだ。日本に一両あった稼働する車両は嵐山美術館が倒産し、英国軍事博物館に売却された。ノモンハンで鹵獲された何両かがソ連にあるそうだ。総数2400両が生産された。

image004 image005

 

(鹵獲された九五式軽戦車)

諸元

全長
4.3m
全幅
2m
全高
2.28m
重量
7.4t

37mm
機銃
7.7mmx2

image006

image007

(ホノルル米陸軍博物館)

 

③ 九七式中戦車

九七式中戦車は帝国陸軍の主力戦車で、大戦初期にはルソン、マレーで活躍し
大戦後期には、千島占守島でソ連軍と果敢に戦闘し全滅した。総数2200両が生産された。

image008
(九七式中戦車)

諸元

全長
5.5m
全幅
2.33m
全高
2.61m
重量
18.8t

75mm
機銃
7.7mmx1

image009

(「遊就館」展示、見ての通り左右非対称)

 

大日本帝国戦車装備数は、八九式をいれても総数約5000両しか生産されてない。
陸軍国であった独逸第三帝国やソ連そして対戦国米国に比較したら何分の一にもならない数だった。

 

④ 一式、三式、四式など米国型戦車

製造方法がそれまでのリベットでなく溶接だったそうだ。
三式戦車は75㎜砲を備え推定160両が生産された。それ以前、一式として
57㎜砲を備えた戦車が170両生産されたが、これは現存していない。
四式戦車として制定され数両生産されたものが終戦直後、浜名湖に遺棄されたと、最近調査が行われたが見つからなかった。

image010

(陸上自衛隊武器学校保存の三式戦車)

諸元

全長
5.73m
全幅
2.33m
全高
2.61m
重量
18.8t

75mm
機銃
7.7mmx2

 

皮肉なものだ。本土には米国型の新型戦車は温存されており、多くの戦車兵も
死なずに済んだ。朝鮮戦争が始まり、米国から日本に供与戦車が数多く送られてきて北海道に装備された時、かつての少年戦車兵が応募してきて、その優秀な技術に米軍は安堵したそうだ。M24軽戦車、M4中戦車シャーマンなどが数百両供与された。
それらの装備が戦後の日本戦車国の始まりだった。

image011

M4中戦車

静岡県富士宮、陸軍少年戦車兵学校は4000人の戦車兵を養成し、終戦時、本土には約1000両の戦車が温存されていた。戦後は76式、90式、10式など世界最高水準の戦車を開発した。世界では戦車を自国で開発、生産できる技術力の存在する国家は約10カ国と言われている。

 

⑤ 装甲車・貨物車

満州事変、上海事変の期間、日本軍は陸海軍ともに、輸入した、鹵獲した装甲車を数量は多くないが、有効に活用した。
帝国海軍は英国ビッカース社製のクロスレーをビッカース機銃ともに輸入し、上海で使用した。

image012 (帝国海軍上海陸戦隊のビッカーズクロスレー)

帝国陸軍はオースティン装甲車を輸入して満州で使用した。

image013
(奉天と推測される)

その他、特記される装甲車は九二式重装甲車で、13.2mm機銃を備え、中国戦線に投入され活躍した。しかし製造数は300両未満だった。

image014

image015
(九二式重装甲車図)

その他、兵站、輸送に帝国陸軍は近代軍隊としての自動車使用は非常に限られており、運転できる兵士の比率も極端に低かった。帝国陸軍は『燃料を使わない軍隊』と言っても過言ではない。
(下、大正時代の曳引車 輸入品であろう)

image016

image017

(ノモンハンの戦場に向かうトラック、「中国戦線の日本兵」より)

協力:陸上自衛隊武器学校