火縄銃



5-1 、試製短機関銃

車両搭乗者用に陸軍が南部銃に開発を依頼したか、南部銃が陸軍に売り込んだ「試製」と呼ばれるものが何種類かある。8㎜南部弾を使う。以下、その2種類であるが、発射速度を変更するに通常の短機関銃、機関銃は尾部のスプリングで行うがこれらの試製はエアバッファーと言う筒を使っているのが特徴だ。
また、アメリカの有数収集家、研究科H氏からいただいた写真には50発入り弾倉が付いている。これは珍しいし、銃身廻りの写真もしっかりしている。

image001 image002

試製一型

image003

image004

試製二型

image005

アバディーンプルービンググランド博物館所蔵 弾倉はない。銃剣が付いていただろう。着剣装置がある。

いずれも優れた設計で、これら試製を一〇〇式以後のものと間違うが、一〇〇式以前の1930年代の試作品である。各々が10挺くらい試作され数種あった、全米に10挺くらいはあると言われているが。とても高価なものだ。

5 、日本の短機関銃

image001

およそ現存している日本の短機関銃には3種類がある。全部8㎜南部弾を使うもので、量産されたのは1944年に約1万挺弱だけである。画像
5-1試制短機関銃 幾つかの形式あり、南部 麒次郎氏設計と推定される
5-2一〇〇式前期型 海軍空挺隊使用 南部製造 数十の単位
5-3一〇〇式後期型 陸軍空挺隊使用 名古屋工廠製造
日本陸軍は日中戦争中において世界の様々な短機関銃を目にしてきたが、短機関銃を制式な装備としてはなかなか採用しなかった。一方海軍は陸戦隊の警備、臨検などの目的で短機関銃は有効なる兵器と考え、第一次上海事件前よりベルグマンを毎年輸入しその総計は記録では6000挺あった。但し、統一されたものではなく様々な口径の銃があったようだ。陸戦隊の装備として使用した。
陸軍は大戦初期、南方の空挺作戦などで短機関銃の必要性を痛感し、フィリピンで鹵獲したトンプソン数百を工廠で整備し、空挺作戦に使う準備もした。同時に南部設計の一〇〇式前期型を改良、量産できるようにしてこれを生産し始めたのは昭和19年(1944年)であった。現在、アメリカには約100挺が存在するが弾倉の数が足らず、弾倉のないものが多い。画像のものは日本のタナカのモデルガン弾倉を改造し使用できるようにしたもので、実物に比べると鉄板が薄い。
(タナカのモデルガンは前期型であり、後期型と弾倉の留め具が異なった)

4 、機関銃手装具その3

1、 装弾器

image001

image002

上は九六式一式、下は九九式一式

帝国日本軍の軽機関銃には弾倉が8個標準装備だった。各2個が一つの帆布製収容嚢に収容されていたことは紹介した。この収容嚢は裏が厚い皮革、もしくはゴム引き帆布でかなり頑丈に作られており、横に帯がありそれをつかんで投げた。機関銃は分隊の一番前で機関銃手と助手が射撃した。弾倉は助手が交換した。空弾倉は収容嚢に入れ、後方に地面に滑らせるように投げた。恐らく数m下がったところの低い位置だろう。装填手がいてこの装弾器を使い、小銃用と同じ5発装弾子を6個、30発弾倉に装填した。昔、自分でやってみたら20秒くらいかかったが。装填した弾倉2個、収容嚢に入れ機関銃助手に投げ返す。これを繰り返していたのだ。装弾器は帆布製の収容嚢に入れてあった。銃手がやられると、助手がそしてそこに装填手が繰り上がる仕組みだった。

image003
教本の使い方図、紐で首にかけた。九六式

① 九六式用装弾器

10㎝x10㎝、厚さ5㎝の大きさだ。

image004

image005

image006

image007
弾倉は肩掛け、装弾器は皮帯付け、汚れは血痕

② 九九式用装弾器

13㎝x10㎝、厚さ5㎝で基本的には九六式のものと変わらないが、油缶が付いている。油は弾薬が弾倉に入り易くするためより、機関銃は弾薬に油を塗り、それでヘッドスペースを調整したと言われている。そしてそれを発見と言うか
使い始めたのは帝国日本陸軍が最初だと。(日露戦争)小銃のヘッドスペースは命中率に大きな影響を与えるが機関銃は更にヘッドスペースがきっちりしてないと、作動が潤滑に行かない。

image008

image009

image010

image011

この収容嚢はゴム引き帆布で後ろができている。

2、 銃口蓋

image012

右側のネジ山だけのものが九九式後期用で、左のバネで押さえる形式、長いものが九六式、中の短いものが九九式前期用であった。銃口蓋は先が開く。それらを開けても射撃は出来ない。ネジのものでも銃口蓋は飛んでしまう。銃口蓋は銃腔内に異物や水が入らないようにとの機能があるが、先が開くのは銃腔内清掃のガイドとするためにも使用したからだ。銃身を尾筒(レシーバー)に装着してままでは、前からしか清掃できない。
① 九六式用全長60㎜、直径20㎜ 左
② 九九式前期用全長45㎜、直径25㎜ 中
③ 九九式後期用全長28㎜、直径25㎜ 右

当然、十一年式用のものも存在したがここにはない。

image013

右から①、②、③

下は九六式軽機に装着した様子

image014

image015

この状態でも発射はできない。
上は蓋を開けたようす。下は外した様子、銃口の溝を使う。

image016

同下は九九式軽機に後期型を装着した様子

image017

image018

image019

蓋を開けた状態

3、 油収容缶と皮革収容嚢

機関銃には油は必要不可欠なもので、その用途には二つあった。一つは機関部の稼働を滑らかにするため、もうひとつは弾薬に塗るためだった。
油は持ち歩きし難い。そのために様々な容器、収容嚢が存在した。以下はその一部である。

① 重機関銃用携帯油缶と皮革収容嚢

三年式機関銃6.5㎜用携帯缶

image020

image021

九二式重機関銃7.7㎜携帯缶収容嚢 この中には同じ容器が二つ収容されていたと推定されるが容器はない。

image022

小銃用弾薬後蓋と同じ寸法、作りだが、皮革の厚さがある。

② 重機関銃用整備箱の缶

重機関銃には弾薬箱(馬載か個人が担ぐ)が1挺に2個存在し、その中に油缶が収納されていた。

image023

4、 十一年式軽機関銃装填架用収容嚢

十一年式軽機は運搬中、装填架は外して、銃手が腰に付けていた。
その収容嚢で、皮革製と帆布製がある。装填架は複雑な形で、柄が長く突き出ているので、皮革製には切れ目があり、柄を外に出していた。
機関銃自体は収容嚢があり、それに収容して運搬した。

image024

image025

image026

(機関銃装備その3以上)

3 、軽機関銃手装具その2

何度か書いたが、日本の歩兵は基本的に兵器、弾薬そして兵器の手入れに必要な整備具や部品を身に付けて行軍した。身に付けやすい、軽量・小型と最小必要最低限の工夫は十分になされており、その細かい部分を観察するだけでも興味深いものがある。機関銃に使われた槌(ハンマー)には基本的に鉄製のものはない。真鍮、アルミの小型か、木製の大型である。
弾薬や弾倉の輸送、運用も工夫がなされていた。弾倉は軽機一挺に8個装備が規定であった。銃手は最低4個、助手が残りを運搬した。30発入り弾倉は全自動(フルオート)で発射すれば4.5秒で空になる計算だから、弾薬は多量に必要であり、分隊の他の歩兵も手分けして運搬した。機関銃が約10kgあるので、弾薬、弾倉を含めると相当な重量になった。しかし帝国陸軍歩兵分隊は約12-5名の定数で、軽機一挺、擲弾筒一門を小銃の他に装備していたので、戦力はあったが、個人の兵の負担は大きく、食料・飲料水など3-4日間作戦に必要な身の回り用品は犠牲になった。帝国陸軍は兵站意識が低かったので、全体が空挺部隊のように長時間は戦えない体質であったと言えよう。
「Gun Tools」と言う本には日本の機関銃の道具の多くが掲載されている。

1、 十一年式軽機用金属製弾薬箱

厚い金属で作られており、日中戦争初期、同軽機運用の写真で、助手が抱えている風景、映画「土と兵隊」の射撃シーンに出てくる。240x100x53mmで
柄で手持ちする。蓋の留め具が太い針金のスライド式だ。内部には5発装弾子入り6.5㎜弾を紙箱から出し30個収納できる。この装弾子は軽機にも三八式歩兵銃にも共通に使われた。吉村 昭著「日中戦争」には万里の長城東で孤立した小隊に空中から弾薬を補給するに、金属匣を使用したとあり、この箱を幾つか梱包した投下したのだろう。

外観と蓋を開けた状態

2、 帆布製60発入り前蓋

歩兵の前蓋は30発入り固形(ソリッド)な皮革製で、後蓋は60発入りだ。その後蓋とほぼ同じ大きさで厚い帆布で作られたものだ。170x80x100㎜で、2本の皮革帯がぐるりと回り後ろが皮帯に固定される。「十一年式軽機手用前蓋」だ。軽機手は伏射姿勢をとるので、弾薬を出してしまうとつぶれても良いようにソフトケースにした。


弾薬は5発入り装弾子ごと、もしくは紙箱入りで収納された。

3、 九六式・九九式用150発弾薬収容袋

約30㎝四方の平たい布製の袋だ。様々な素材、形がある。
① ハンプ布製豚皮帯。粗末に見えるがこの素材は湿気を通さず優れたもので南方でしか採取できないので、現地で製造された可能性がある。

粗末だが強い

② 弾倉入れと兼用のもの。厚い緑色帆布製で皮帯も厚く丈夫だ。幅10㎝の手を掛ける帯があり、平たくした場合は弾薬を150発、折りたたんだ場合は弾倉を2個収容し、射手に投げるための機能だ。

③ ④同じ形式の一般的なものだが、ひとつは未使用(ミント)で、
もうひとつは「虎 五―二」と記されている。5つあったものの2番目と言う意味だろう。背面に皮帯通しがあるが、付いているような幅の広い、
4㎝の負い帯を使用した。分隊の兵士が手分けして軽機関銃用の弾薬を運搬するための収容嚢だったが、後にはモノ入れに転用され、あまり残ってない。

 

4、 弾倉入れ

厚い帆布と皮革、またはゴム引き帆布の混合(コンビネーション)で作られている。九六式6.5mと九九式7.7㎜は共通でどちらにも弾倉は2個入る。弾倉を重ねて入れたか、互い違いに入れたかは不明だが、重ねた場合は強度が、互い違いではバランスが良い。25x10×6㎝で被う蓋は20㎝、2個の尾錠で止める。右横に180×25㎜の帆布を折りたたんで作った手掛け帯が付いており、これで射手は空の弾倉を後ろに、装填手が前に投げた。皮革の部分は厚く頑丈である。弾倉の変形を防ぐためだ。「二ノ一ノ三ノ一」と書いてあるのは第二小隊、第一分隊の3個ある弾倉収容嚢の一番目と言う意味だろう。ほとんど負い帯が欠落しているが、負い帯は茄子環を使った帆布製で、射手は機銃を持ち、左右互い違いに4個の弾倉を身に付けていた。

ゴム引き帆布

5、 箱弾倉

日本の軽機関銃の箱型弾倉はないもののひとつだ。陣地をせん滅した兵士が軽機を戦利品として持ち帰る際に弾倉はひとつしか持ち帰らせなかったとか、まったく持ち帰らせなかったからだと言われている。これは一〇〇式短機関銃も同じである。日本の弾倉は金属が厚い。銃に装着するには前を入れてから後ろに戻すようにする。離脱するには弾倉の後ろの舌板を前に倒す。横板には3本の筋があり、前一本が凹、後ろ2本が凸である。光が無くても感覚で前後を間違えない仕組みだ。日本の箱弾倉は今の考え方と異なり、使い捨てでない、機関銃ある限り使うと言う頑丈な造りだ。

① 九六式6.5㎜用箱型弾倉 (上)
一つはオリジナルの黒染めだが、もうひとつは上に塗料が塗ってある。
海軍陸戦隊がよくやった方式だ。九六式6.5㎜箱弾倉は特にない。傾斜がある。

② 九九式7.7㎜用箱型弾倉 (下)
一つは鉄製である。7.7㎜弾は弾丸部分の比率が大きいので6.5㎜弾倉より
垂直なのが特徴だ。もうひとつは鍋釜を作ったアルマイト合金製だ。
燕三条市立博物館に戦時中、同地で名古屋工廠のもと、軽機関銃箱弾倉を製造したという記録があり、借りにきた。燕三条は台所用品生産で有名なので、この手のものをと勧めたが、鉄製を選んで行った。
合金を箱弾倉に使用しても何も支障はない。フランスにも存在した。やや重い。

6、 携帯整備用道具

① 十一年式軽機関銃6.5㎜用 厚い皮革の折りたたみを帆布製収容嚢に入れてあるのが特徴で、部品はブリキ缶(上下が開く)に、予備の発條(スプリングがU字型に収められている。)
24x17×4㎝

② 九六式軽機関銃6.5㎜用
20x10×6㎝の帆布製収容嚢に厚い皮革の折りたたみ収容嚢が入り、それを開くと折りたたみ朔杖、真鍮槌、捻子回し、排莢具2点、ピン、部品袋、予備円筒(ボルト)と底部だけ飛んだ薬莢の排莢子(欠落している)が整然と収納されている。

③ 九七式車載重機関銃7.7㎜用鉄箱
「手入具匣」と記された21x10x9㎝の厚い鉄板製の箱であり、内部の
大きな部分を占めるのは油缶である。その他には折りたたみ朔杖、槌、
2種類の抜き棒、ブラシ、洗頭そして銃腔用パッチまでが健在であった。
この箱は「装具」→「箱類」の鉄板製車載道具箱の一隅に収まる。

④ 九九式軽機関銃7.7㎜用初期型 諸道具は厚い皮革の折りたたみに留められ予備の円筒(ボルト)が付いている。内容は基本的には九六式6.5㎜と同じだが、重要なものは両口のスパナである。大きな方は銃身交換用の留めネジに使い、「用心鉄金栓スパナ」と記された方は、機関部と
箱の結合ボルトに使う。

⑤ 九九式軽機関銃7.7㎜用後期型 諸道具を収める折りたたみ下地が
帆布製である。内容は初期型に同じだが、皮革材料の不足、もしくは
南方気候を考えて帆布製にした。

⑥ 九九式軽機関銃7.7㎜用第二整備用
18x14x7㎝と大型、腰下げの帆布製収容嚢で、内部には油缶、消炎器、
ガス筒用清掃ブラシ、円筒清掃用管などが収納されている。ブラシは消炎器に逆様にして収容する。

以上、つづく

2 、機関銃の装具と弾薬

機関銃は複雑な兵器で、運用には綿密な整備が必要であった。また多量の弾薬を消費したので弾薬の円滑な供給も重要な要素であった。その為に様々な装具が工夫されて用意された。
機関銃の装具には、
イ 清掃整備用具
ロ 弾薬とその供給装具
ハ 照準眼鏡などがあった。

日本軍は、作戦を基本的には徒歩で遂行したため、地上用兵器は元より、兵器の装具も全て、人力か馬搬送するように設計、製作されていた。
清掃用具は「属品」「手入れ具」と呼ばれ、重機関銃の場合は馬で、また兵が背負い搬送するように、縦長の木箱を使用していた。軽機関銃の場合は、銃手の腰に装着する小型帆布製収容嚢に収まっていた。
ロ、弾薬は重機関銃では、30発載せ保弾板を使用していたので、保弾板入り紙箱が収容される、属品と同じような縦長の木箱を使った。箱弾倉を使用する軽機関銃は弾倉収容嚢(2個収納)と弾薬袋を使用した。弾薬は基本的に歩兵が使用する5発入り保弾子の単位であって、装弾器を使い、弾倉に装填した。
ハ、照準眼鏡は帆布製の固形収容嚢に入れ、銃手が肩から提げて搬送した。軽機用眼鏡は狙撃銃眼鏡と同じく、銃に合わせてあり、眼鏡自体に調整装置がなかった。

①1939年頃の軽機関銃手の装具

 

スキャン 16

スキャン 19
1937年の日中戦争勃発後、日本軍の主装備軽機関銃は十一年式であった。十一年式軽機は箱型弾倉を使用せず、歩兵・騎兵の持つ6・5mm弾薬、5発入り保弾子入りをそのまま、装填架に入れて使用した。銃手は機関銃の他、背嚢に予備銃身を装着し、平たい属品嚢を腰に付けた。弾薬150発を収容嚢に入れて肩から提げた。補助兵器は二十六年式拳銃で、三十年式銃剣も帯びた。
一般の歩兵の装具が30kgくらいあり、機関銃手の場合は40kgを越えていたであろう。

②機関銃弾薬

機関銃弾薬

スキャン 17

日本の機関銃は個別に弾薬を開発してので、様々な種類が存在した。例えば同じ7・7mm弾でも、薬夾の底部の形状により、起縁、半起縁、無起縁の3種があり、20mm弾でも数種が存在していた。陸軍と海軍では同じ7・7mmを使用しても、弾薬の互換性は無かった。

左より陸軍九四式37mm、海軍九六式25mm、陸軍九八式20mm、海軍13・2mm、上、陸軍八九式旋回機銃7・7mm、下、海軍九七式固定機銃7・7mm

③三脚架

スキャン 21

日本の各種重機関銃に使用された三脚架は、日露戦争後、第一次大戦までの間に南部設計により開発されたようだ。この三脚架が、三八式機関銃、三年式機関銃そして九二式重機関銃に使用されていた。この三脚架は「三八式」もしくは「三年式」の制式名があったかどうかは定かではないが、構造、機能、運用性、どれをとっても世界最高水準のものであったことに間違いない。大きな特徴は、機関銃を担架を使い三脚架に載せたまま2―4人の兵士が搬送出来る点であった。姿勢は伏射、座射など様々にとれた。

機関銃用照準眼鏡

④九二式重機関銃用九四式照準眼鏡

九二式重機関銃用九四式照準眼鏡6倍x10°
日本光学製
全長21cm、横幅10cm、高さ10cm

⑤九二式重機関銃用九三式潜望鏡式照準眼鏡と収納嚢

 

九二式重機関銃用九三式潜望鏡式照準眼鏡と収納嚢6倍x8・2°
日本光学製
全長 40cm

⑥軽機関銃用照準眼鏡と収納嚢

軽機関銃用照準眼鏡と収納嚢

 

右;九九式軽機用 2・5倍x13° 東京工廠製 全長18cm
左;九六式軽機用 2・5倍x13° 日本光学製 全長18cm

九六式用眼鏡収容嚢は九九式のものより高さが1cm小さい。

スキャン 22

⑦九七式車載重機関銃用照準眼鏡と収納嚢

九七式車載重機関銃用照準眼鏡と収納嚢1・5倍x30°
富岡光学製
昭和17年
全長58cm

 

⑧1944年頃の軽機関銃手の装具

スキャン 3
九九式軽機関銃と南方戦線用装具。
帆布にゴム引きの装具が多く使われた。
銃剣は直柄、黒染めのものになった。

1 、機関銃の種類

機関銃は使用状況により、地上用、車載用、航空機用、船舶用、対空用、対戦車用 、空挺用、海軍汎用などに分類出来る。

地上用に関しては、日本は小銃用弾薬と共通の6・5mm、7・7mm弾を使用してものが多く存在した。

日本の機関銃の元になったフランス製ホチキス機関銃1898年、8mm口径 分解図

スキャン 9

 

①重機関銃

保式 (1900)

口径6・5mm
生産 東京工廠
生産数 推定1000挺未満

三八式 (1906)

三八式

三八式

口径6・5mm
生産 東京工廠
生産数 推定1000挺未満


 

三年式 (1914)

三年式

三年式

口径 6・5mm
生産 東京工廠 ・日立
生産数推定3000挺 一部海外に輸出/九二式に改造


 

九二式 (1932)

NHK武器学校20151216 020

IMG_9816口径 7・7mm(無起縁・半起縁)

生産 日立
生産数45000挺

一式 (1941)

一式

一式

口径 7・7mm

生産 日立
生産数 不明

九八式 (1938)

水冷 口径7・7mm (ピッカース)
生産小倉工廠
生産数1506挺

 

②軽機関銃

十一年式 (1922)

十一年式

十一年式

口径6・5mm
生産 東京工廠・日立
生産数 29000挺

十一年式

十一年式

九六式 (1936)

九六式

九六式

九六式

九六式

口径6・5mm
生産 小倉・名古屋・南部・日立
生産数 4万挺

九六式図

九六式図

九九式 (1939)

九九式

九九式

口径 7・7mm
生産 小倉・名古屋・日立・中央
生産数53000挺

③車載用

戦車に搭載する機銃として十一年式を改造した九一式、チェコ機銃を採用した九七式が車載機銃として存在しそれらには光学照準器が装備されていた。

九一式 (1931)

九一式

九一式

口径 6・5mm (南部)
生産 名古屋工廠
生産数 2043挺 1932-36年

九七式 (1937)

 

 

 

九七式

九七式

九七式

九七式

口径 7・7mm (チェコ)
生産 名古屋工廠
生産数推定約18000挺 1937-1944年

④航空機用

航空機は陸海軍とも1930年代半ば7.7mmの固定機銃を採用したが陸軍は半起縁、海軍は起縁と互換性のない弾薬を使用した。

 

陸軍

固定 八九式 (1929)

固定八九式

固定八九式

7.7mm (ビッカース)
半起縁

旋回 八九式 (1929)

旋回八九式

旋回八九式

7.7mm (南部)
半起縁

旋回八九式 (1921)

旋回八九式

旋回八九式

7.7mm(南部) 八九式弾保弾子使用

旋回一式 (1941)

 

 

旋回一式

旋回一式

7.92mm (MG-15)

 

 

海軍

固定 九七式 (1937)

固定九七式

固定九七式

7.7mm (ビッカース)
起縁

旋回 九二式 (1932)

旋回九二式

旋回九二式

7.7mm (ルイス)起縁

 

固定 九九式

20mm (エリコン)
スイス(改)は川村博士のベルトリンク式

 

固定 一式

エリコン製20mm機銃、零戦に翼内に搭載された。ドラムマガジン60発だった。次年より1年間で河村博士が改を開発、長い銃身、弾薬、ベルトリンク200発を採用した。なおB-29の胴体旋回機銃もエリコンであった。

 

旋回 一〇〇式

旋回一〇〇式

旋回一〇〇式

7.92mm (MG15)
陸軍と共通弾薬

この他陸軍はラインメタル20mm固定、海軍はラインメタル13mm固定など、世界中のありとあらゆる技術を採用していた。日本の軍用機生産は1940‐45年の間7万機ほどあり、戦闘機は4挺、爆撃機は数挺の機銃を備えていたからこの数から推定するに航空機用の機銃は40万挺近く生産されたことになる 。

 

④船舶対空用機関銃

海軍の13・2mmと25mmが数万挺海軍工廠で生産され、戦艦などの大型艦船には各100門が装備された。

 

八九式

八九式

八九式

13.2mm

 

⑤対戦車用機関銃

九七式20mmが主力であった。九八式20mmよりは小型の弾薬を使用する。 生産小倉工廠 生産数 約1万挺

⑥空挺用機関銃

一〇〇式短機関銃 (1940)

スキャン 13

一〇〇式

一〇〇式

 

一〇〇式短機関銃

一〇〇式短機関銃

口径8mm
生産 中央・名古屋工廠
生産数約1万挺

⑦海軍汎用機関銃

日本海軍は1940年当時艦船・航空機と世界一流のハイテク技術を誇っていたが汎用機関銃は旧式のルイス機銃を採用しており、それらを海軍工廠で生産していた。

海軍九二式(ルイス) (1932)

海軍九二式(ルイス)

海軍九二式(ルイス)

口径 7・7mm 起縁
生産 豊川・愛知時計・横須賀工廠
生産数 約2万挺

九八式ルイスは1930年代、航空機用旋回機銃として使われていたが40年代には対空、地上用、小型船舶用として広く配備された。