書籍販売

 2 、インド製のエンフィールド銃が日本に輸入されていた

この二つバンドのエンフィールド、どことなく本家本元のものと違うと言う感じを抱いた。壬申刻印、銃身と銃床にあり、登録証もある。程度も悪くない。
全体の形はエンフィールドだ。しかし木部は欅のような木材で、ライフリングはスプリングフィールドよりは深く、溝の部分は細いが3條しかない。

ロックプレートに一切刻印はない。

全長125㎝、銃身長84㎝

欅製の銃床は日本の火縄銃、古い猟銃に見られるので、もしこの銃床が日本製だったら、と考えると、その台の大きさからこれは考えられない。日本の銃床は小さいのだ。

 

ライフリングは錆はあるが深い

このエンフィールドの写真を英国の専門家のところに送り、意見を聞いた。
「19世紀中ごろに英国がインドの工廠で製造したものではないか。」と言われた。
インドとエンフィールド銃は切っても切れない重要な関係にあった。19世紀なかばエンフィールド1853年式は、ミニエ方式の小銃として、当時英国がインドを植民地支配すべく組織した傭兵、シバーヒーに支給されることになった。
シバーヒー軍団は指揮官・一部下士官は英国人であったが、カーストの中では比較的に上層のヒィンドー、イスラム教徒により成っていた。ところがミニエ式銃は弾丸にグリースを使う。それらが宗教的に彼らの尊ぶ、もしくは嫌う、牛脂、豚脂を使用していたと言われ、それを煽る勢力により、セポイの乱、1857-58年が起こった。英国は1857年にインド帝国を連邦に入れ植民地化した。
爾後、英国軍と東インド会社がインド(当時はバングラデシュ、パキスタン、スリランカも含む巨大な地域)経営を第二次大戦後まで続けた。セポイの乱、
その後、多分1860年代にこのライフリングが3條のエンフィールド銃がインドに設立された工廠で製造されたのであろう。英国の専門家より価格を聞いてきてので、珍しいものであるのかもしれない。このような経緯の銃が日本に輸入されていたと言う事実は実に興味深いが、推測では、英国→アメリカ南部→日本と言う道のりできたのではないか。明治維新前にインドから日本に直接輸入されたとは考え難い。


銃床の木材は原産のものであろう。口径は・586くらい、スプリン不フィールド
銃と同じであった。また日本の古い胴乱に入っていた早合のミニエ弾(3つの筋がない、凹みだけ)を銃口に合わせてみると、大体、この弾丸だな、と言う噛み方だ。なお、ミニエ弾には・577から・587くらいまで幅があるが、これらを総称して・58口径と呼ぶそうだ。

壬申刻印は銃身と銃床に打たれている。

サイトがオリジナルかを聞いたがサイトはオリジナルであるとの返事だった。以上

 1 、 日本にも来ていた「スプリンフィールド1861年型」

 

夏にスプリングフィールドアーマリーに行った際に、以下のことを知った。

 

スプリングフィールド1861年型 それを持つユニオン(北軍)兵士

スプリングフィールド1861年型とそれを持つユニオン(北軍)兵士

アメリカ南北戦争が始まり、ユニオン(北軍)はスプリングフィールド1861年モデルの増産に入った。スプリングフィールドアーマリーはアメリカの小銃製作所であり、M-14 まで政府工廠として存在した。マサチューセッツ州南部に位置し、北のメイン州、ニューハンプシャー州、南のコネチカット州、などには水力動力を利用した多くの小規模企業があり、およそ30のコントラクターと言われる下請け企業が生産を支えた。ミニエ方式ながら、幅の広い浅い溝のライフルが特徴で、南北戦争中は100万挺もの小銃を生産した。しかし、増産を目的としたためエンフィールド銃に比べると品質的な問題があり、ライフルが5條でなく3條の銃(1863年型とする資料もある)も存在した。スプリングフィールド銃1861年は1861-1872年の間、使用された。背景には北軍指導部の装備品に対する、ドラステックな考えがあった。それは質より量と。ライフルは幅の広い、浅い溝であった。
全長140㎝、銃身長100㎝、口径・58口径(14.66㎜)、重量は4.1㎏、分間2-3発が発射でき、100-400ヤードの射程。有効射程は250mくらいと考えて良い。歩兵銃のみで
3つバンドだけ、2つバンドはない。コルト社が主な生産会社で当時の価格で約20ドル。
一方南部連邦は英国のエンフィールド銃を輸入して。口径は・577でほとんど同じ、弾丸の
互換性もあっただろう。照尺はラダー方式で約90万挺が使われた。従って南北戦争ではこの口径の歩兵銃のみで約200万挺は使用されたと考えてよい。質的には英国のエンフィールド銃の方が高い。エンフィールドのライフルは4條の深い丸い溝であった。
一方、南北戦争は歩兵のみの戦いではなく、騎兵と砲兵、そして海軍が重要な役目を担った。騎兵には後装式の騎兵銃が別途、開発され、生産された。輪胴式拳銃もそのひとつだ。


スプリングフィールドアーマリーの有名な小銃オルガンと呼ばれる展示

この銃の特徴はパーカッションロックであるが、ミニエ型のプリチェット弾を使った。この弾丸は後ろがホローになっており、火薬の爆発で後部のスカートと呼ばれる薄い部分が広がり、腔内のライフルに噛み、廻りながら出て行く。弾丸は椎の実形だが、ずんぐりしており、長さ25mm、直径16mm、穴の深さ10㎜ほどで先は僅かに尖っているという感じだ。戦場で回収された発射後の弾丸を博物館のショップで購入した。ひとつ3ドル。
この弾丸は重量約31gで、観察すると、3つの線の山の部分に細く5つの線が入っている。
柔らかい土中になど落ちたのであろう先はつぶれてない。この5つの線がライフルに弾丸が噛み回転を与えたあとであろう。

日本にあったスプリングフィールド銃の例:

この銃は1864年にコネチカット州のウィンダーロック、ワーモウイルアンドカンパニーの製造で、この会社の名前はアーマリーの資料では発見できなかった。

3つバンドの長い銃、全長は約135㎝、銃身長100㎝ やや銃床が小さいように感じる。

銃床の素材は材料不足からか、針葉樹系の軽いものになっており、良い品質ではない。

 

ラムロッドはオリジナルで弾丸の頭が丸いものであったことが想像される。ライフル3條の幅は広く、緩やかだが、錆のためにあまり良く見えない。上に見えている浅い(シャロー)な幅がそうだ。

プレートの製造刻印、鷲が羽を広げた姿がスプリングフィールドのロゴ 1863の数字

 

日本の壬申刻印とリアサイトの横姿 「壬申●四● 滋賀縣庁」

3段になっており、この状態が100ヤード。一つ立てて200ヤード、2つ立てて300ヤードであったと推定される。
この銃の床は、床尾板の鉄の合致してないところから見ても、数センチ短くされたと推察される。

上から見たハンマーニップルの位置、リアサイト。ニップルは元もままだ

銃口部

 


とフロントサイト、ラムロッド、着剣装置がない。

ミニエ式銃と日本の研究:

前装だのに、椎の実型弾のライフル銃だと言うことだ。


何種かの弾の例、元は後部のくぼみに木栓をつめ、発射の爆発により、木栓が内部に入りこみ3本の横線が拡張しライフルに噛む、装填の際は銃腔より細いので装填し易いと言う仕組みであった。大鳥 圭介著、縄武館(江川塾)「手銃論」はこの原理と、照準、弾道、などの内容である。

 

施條の切り方、「ハ」は「エンフィールドライフル」として長く使用された。
従って、1860年代には日本では、薩長佐賀などの軍備に進んでいた藩や、幕府の歩兵隊にも、ミニエ式弾丸を使う、ミニエ銃、エンフィールド銃、スプリングフィールド銃などは
詳しく研究されたおり、その威力も認識されていた。

スプリングフィールド銃が日本に何挺くらい、どのような経緯で、何年頃輸入されたかは明らかではない。南北戦争終了は1865年。ユニオンもコンフィダレートも欧州には巨額の借款があった。そのために、余剰兵器は欧州商人の手に渡り、日本に幕末10年間で輸入された各種70万挺にも及ぶ銃器のなかで、南北戦争余剰兵器は戦艦甲鉄をはじめ、多くの部分を占め、小銃だけでも20-30万挺はあったのではないかと推定される。そして1868年、2年半後の戊辰戦争の主力小銃は、エンフィールド、スプリングフィールドなどのミニエ方式の小銃であった。

 


ライフル研磨機

スプリングアーマリーの工場(南北戦争より後もものかもしれない)

これらの銃は明治政府が雇ったフランス軍事顧問団の勧めにより、後送式に改造された。
ミニエ銃は後部の撃針の入った閉鎖ブロックを上にあげた。アルビーニ銃と呼ばれた。
エンフィールド銃はブロックが右横に上がり、スナイドル銃と呼ばれた。
スプリングフィールドはエンフィールドと同じ方式で、トラップ銃と呼ばれた。
全部を総称し「スナイドル」と言うこともあるが、改造ではなく、元からこのような方式に製造され、後にボクサー雷管を使う金属薬莢を使用した。明治政府は弾丸製造機を明治10年までに輸入しており、スナイドル銃は、西郷軍に鹵獲されたものも含め、政府軍の制式装備で、西南戦争では多量の弾薬が使用された。しかしその後、国産小銃にとって代わられ、ほとんどが海外に輸出され日本にはあまり残ってない。以上