8- 8- 2、 射撃された鉄帽

前項で日本の九十式鉄帽の材料はモリブデン鋼で、撃たれると弾丸は抜けると言うより壊れるような形になると書いた。鉄帽は弾丸が有効射程距離から命中したら、防ぐことはできない。どんなものでも貫通する。
しかし鉄帽の役目は、白兵戦におけるブレードウエポン、手榴弾や迫撃砲の
破片、さまざまなものに対抗して設計して造られているからだ。

米国にいた頃、今考えれば、実験を協力してくれた友人たちが「もったいない
やめろ」と言った意味も分かる。日本の鉄帽は高価なのだ。
実験は私設射撃場で100m弱のところの丸太に堅く保持し、☆の下に白い紙をはり、それを狙い、三八式歩兵銃6.5㎜で3発射撃した。
2発が命中し、そのうち1発が貫通した。もう1発は鉄帽が最初の命中でやや下を向いたので、下に抜けただろう。
果たして、弾丸の入り口は丸く抜けたのではない。鉄板の抵抗の跡が見られる。
抜けたあとは、鉄板がはがれるように壊れていた。内装も付けていた。
一枚の革が破けた。(顎紐と☆は実物ではなくレプリカ)

image001命中した前面

image002抜けた後面

image003内部の様子

image004 内部から抜けた穴

これが一番迫力があった。
(この項以上)

8- 8 、鉄帽

image003

image004

(九十式鉄帽偽装網を装着した状態)

日本軍が鉄帽を着用したのは遅かった。第一次大戦の欧州戦線ではすでに一般的になっていたが、1928年、中国済南で日本人居留民の殺りゃく事件、軍が出動した際が初めてだった。この時の初期型はあまり残ってなく収集物としては高額だ。1930年に「九十式」として制定したものが大部分だ。
素材にモリブデン鋼を使い、形の特徴としてはシンプルだが、上が線を描いている。

image005

当時、米軍、英軍は皿型の薄い鉄板の鉄帽であったから日本軍は近代的であった。モリブデン鋼は弾丸があたると貫通するより壊れると言う形になる。いくらモリブデン鋼でも直撃弾は防げない。内部は皮革製で、牛革、豚革の三枚のヒレを組み合わせてある。

image006

底の三枚を通す紐が深さを調整し、三枚のヒレは廻りの革帯で本体に4箇所固定されている。
正面には鉄の☆が、この☆がないものが多い。その理由は、アジアに残された
日本軍鉄帽を独立戦争などで、三八式歩兵銃ともに現地軍が使用した時に☆を取り去り、緑色などに塗り替えたからだ。元のカーキ色は焼きつけ塗装だった。ベトナムからも緑色の鉄帽がアメリカに多く入った。ベトコンが使っていたのだ。

image007

2種類のサイズがある、「小」は縦27.5㎝x幅23㎝x高さ16㎝
「大」は縦28㎝x幅23.5㎝x高さ17㎝。アメリカで観た比率、大対小は5対1くらいであった。他の収集家は50個もっているがアメリカは大が多いと明言している。推測だが、制定し余裕のあった時期には大と小、2種類を生産したが、後には大しか生産しなかったと思われるのでこういう比率になったのではないか。下の画像には12個あり、右の2個が「小」サイズ

image008

image009

image010

同じ九十式を海軍陸戦隊が使用したが、☆の替りに錨が付いている。内部が皮革の替りに帆布製である。もしくは皮革だったものが摩耗し帆布にした。

image011

image012

image013
(海軍鉄帽の内部)

海軍は艦内使用の鉄帽、簡略な鉄板製でサイズは縦28㎝x幅26.5㎝x高さ14㎝、内部帆布製が存在し、ほとんどの艦艇を失い、60万人の陸上兵力が残った際にこれらを陸上兵力用鉄帽として使用した。

image014
(艦内鉄帽)

☆のない鉄帽は価値が劣るので中田商店が製造した☆を付けたものもある。
日本人がアメリカに持ち込んだのだ。実物と比較すると若干薄く、柄が短いようだ。柄は内装を固定するのにも使っている。

image015

(レプリカの☆と錨)

戦時中の写真を見ると、鉄帽に限らず個人装具は塗りなおしてムロで焼きつける作業をしていた。これは明らかに塗り直しだが、日本の色ではない。

image016

また、鉄帽には出営するときには、被いがついていた。素材が鉄なので、気温に影響される。詰め物をした厚い木綿製の被いで正面には☆が縫い付けてあった。

image017

image018

なかなか見つからないものだ。
現在、陸上自衛隊などで使用している鉄帽は、樹脂の軽いものが一般任務で使用され、戦闘では上に鉄帽を被せる。これはベトナム戦争の頃より米軍で使用された方式だ。樹脂のものも鉄のものも少し離れてみると区別はつかない。
(この項以上)

8- 7、水筒(すいとう)

image001

日本国内においては各所に清らかな飲み水を産し、戦前、日本の演習地においてはあまり水の苦労は聞いたことはない。しかし一旦海外で出ると、兵士は水に大変苦労した。中国戦線の話を聞いても、撤退する中国兵が井戸に汚物を投げ込み日本兵が使えなくし、南方では煮沸しなければ飲めない沼や川の水、さらに薬品を使い消毒するが臭みが残り飲めたものではなかったそうだ。水で病気なり死亡した将兵の数はもしかしたら戦闘で亡くなった兵より多いのではないか?と言うほどだった。炊飯にも水は不可欠だった。

image002
(体が当たる方)

日本軍の九十式水筒は、明治時代より使われてきたものより大型になった。
幅14㎝x高さ20㎝x厚さ6㎝で、裏(体に当たる部分は平で)、表は曲面である。特徴は厚い帆布帯、幅2㎝を籠のようにして内部にいれ、紐で固定、蓋は簡単な押しみ型で、その素材は木、ゴム、コルクなどで、これは布帯に紐で繋がっている。
従って中身だけを出して、そのまま火にかけることが出来た。容量は500㎜リッターのペットボトルが2本弱入る。従って1リッター弱、とても一日はもたない。普通の水は煮沸すれば大体飲んでも大丈夫だが、それだけの時間、燃料が無かったのだろう。また兵士に対する衛生教育も十分でなかったのではないか?日本の前線には砂漠は少なかったが、現在、米軍は砂漠の戦場では一人一日4リッターを標準にして、ペットボトルで支給しており、もう水筒は使ってない。
この項以上

8- 6、鋼鉄防御板

胸のポケットに入るサイズ、10㎝Ⅹ7㎝、厚さ2mmの鋼鉄の磨き板である。
私物で、駐屯地の近くの売店で販売していたと言う。面会に来た、父親や伯父が買い、兵士に渡した一種のお守りだ。しかし磨いてあるので、鏡として使用できたし、合図を送ることもできた。残念ながら直撃弾は簡単に貫通する。
しかし流れ弾などには効果があったかもしれない。

image012

鏡になる

8- 5、護耳器 イアプラグ

image009

砲兵や機関銃教官などには必ず耳栓はあったはずだ。しかし耳を被うと周囲の声や音が聞こえない。それであまりこのようなものは使われなかったのではないか。「護耳器」と言う名称だった。
非常にめずらしいものである。海軍で使われたものかもしれない。

image010

ソリッドな木製の入れ物に入っており、本体はベークライト、耳の内部の形をうまく出してある。また内部には真鍮糸の網が見え何らかの仕掛けがあろう。
ちなみに現代のものは電池を使用した装置が入り、外の声や音は良く聞こえるが発射音は鈍い音に変化する。「大」全長30㎜と「小」全長22㎜がある。
木箱の幅は54㎜で上を回すと内部の堀込にひとつづつ収納されている。

image011

高額なものであったであろう。

8- 4、防塵眼鏡

image007

皮革製のケースに収めれら革帯に装着されていた。ほとんど砂漠に近い中国戦線においては、各々の歩兵に必要な用具であり、これを装着したまま、兵器を
操作できなければならなかった。皮革収容嚢は10Ⅹ10㎝であり、眼鏡は金属枠に二つ折りのガラスである。一枚が50㎜x40㎜で前と横が見える。

image008
開いた状態

布ゴム製の地にゴムの帯。材料の状態は70年以上を経過しているが良い。
皮革に印があるので、私物ではなさそうだ。

8- 3、磁石

image005

方角を知る磁石も作戦遂行上必要不可欠なものの一つだ。この形式が陸軍も
ものか、海軍のものか明らかではないが、直径35㎜、厚さ10㎜、黒いベークライトの入れ物に入っており、針は液体に浮いている。この3つのうち液体が
残っているのは一つだ。腕時計のように腕に装着した。その帯は皮革の色、質は異なれど、長さは140㎜で同じ形式である。本体の周りはローレットになっており、針には蛍光塗料が塗られている。この磁石は個人用と言うより分隊長のものであったかもしれない。
また将校用には様々な形式のものが戦場より持ち帰られていた。

image006

8- 2、小刀 アーミーナイフ

image004

日常生活に不可欠な刃物であるが、日本軍のものは小型である。一説には大きなものは銃剣を使用したとある。だが銃剣には刃が付いてなかったという人もいるが、アメリカで実物を観察したり、銃剣そのものを砥石を使い研いでいる図を見るにやはり鋭い刃が付けられていたのであろう。
小刀は兵全員に支給され、全長は70㎜、刃長は50㎜、それに缶切りがついているだけの簡単なものである。三条燕、関などの中小工場で造られそれらの会社の刻印が柄に入っているものもある。日中戦争中はカーキ色で、南方に行くに従い緑系に塗装されていた。使い込まれたものは刃が何度も研がれていたあとがある。恐らく日露戦争頃から同じものが使用されていたと推定される。

8- 1、腕時計 陸軍、海軍

作戦を遂行するには「決められた時間を守る」は必要条件であった。日本では1930年代腕時計はまだ社会では一般的なものでなく一部の上流社会のものが使っていただけで、国産品の生産量も少なかった。日中戦争が始まり大動員が行われると、セイコー、シチズンなどの会社の生産は飛躍的に生産量を伸ばした。この2種の時計はセイコー製である。
直径25㎜ほどでビューズが大きく、防水ではない。今の腕時計に比較すると
粗末な製品である。6石くらい。

image001

陸軍のもの(左)はダイヤルに星が入り、下に[seiko]とある。下は革帯に装着した陸軍型。

image002

海軍もものは裏に「stainless steel back」碇の刻印、[seiko] 246675のシリアルナンバーがある。

image003

海軍型の裏、ステンレスだ。
シリアルナンバーから推定するに厖大な数量が生産された。

○陸軍☆時計(セイコー)の精度と稼働時間
機会があってこの時計の精度とどのくらいの時間稼働するものかを試してみた。現在、自分が使用しているロレックスと対比した。ロレックス自体も自動巻きでクオーツのような正確な時計ではない。
朝の9時半ごろに巻いた。

image001

6時間後に比べてみた、ほとんど同じ時間を示していた。

image002

ロレックスは自分の腕につけて体と一緒に動かしていないと10時間くらいで停止する。
陸軍☆時計は相当使いこまれたものだが、戦闘には使われた様子はない。内部も原型を留めていた。大体「36」時間稼働した。ロレックスは突然に止まるが、陸軍☆は稼働30時間くらいから徐々に遅れがでてきた。

○海軍⚓(セイコー)の精度と稼働時間
陸軍☆と同様の方法、現在使っているロレックスと比較してみた。
午前中に巻いた、夜に見たらほぼ同じ時間を示していたので精度はロレックスと同じくらいであった。翌日、午後4時に遅れることなく停止した。
従って稼働時間は36時間くらいであった。

image001

image003

image005

この時計裏側はステンレスだが、表は鉄なので、錆が出ている。
(ロレックスの日付は半日づれていた)
(この項以上)

6-2、音響警報器 サイレン

image001

戦線が広がり、制空権がおぼつかなくなると、敵機の来襲が怖い存在になった。
爆撃は言うまでなく、小型機の直接地上攻撃でも大きな被害が出た。
作業中、移動中には前方に見張りを出し、敵機を見るとこのような道具で危険を知らせた。このサイレンは稼働する。柄を回すと、例の「ウーン」と言う音が想像以上に大きく出る。日本軍はこういう携帯用道具を装備し、絶えず位置を変える方針だった。

image002

銘版には『矢萩式特許音響警報機』とあり、
寸法はサイレン部分が直径120㎜、厚さ55mm、重量は2㎏近くある。重い。
クランクが入る箱型部分が横に付属し、それを折りたたみ式の柄を伸ばして回す。固定も出来たが、しなくても何かの上に置き片手で押さえ柄を回すことが
でき大きな音が出る。

image003

恐らく帆布製か皮革製の収容嚢に収められていたであろう。