火縄銃



31、「李朝朝鮮の鉄砲文明研究」-ハーバード大学学生の依頼ー

はじめに)
私の日本の武器兵器の先生はメイン大学の教授だったリビー氏だ。
その紹介でハーバード大学学生から以下のことを聞かれている。
彼女は韓国人だが海外の生まれで米国人と結婚し、現在は学生だ。
卒業論文に「日本の近世であろう、17世紀から19世紀初頭の朝鮮半島火縄銃装備」
のことを研究し記述したいのでまずは火縄銃のことを教えてくれ、日本への伝来
とその実態、そして朝鮮半島の「銃文明」全体を知りたいそうだ。
流暢な日本語で書かれたメールだが、やり取りの時間差からだれか日本人学生に
書かせ読ませていると推察する。すでに3回のかなり長文のやりとりをした。

文禄・慶長の役)秀吉は韓国人が一番嫌っている歴史上の日本人だ。
文禄の役は1592-3年、これが実質的な大規模戦闘で、秀吉軍はそうそうたる武将が
揃い、城を構築した。日本兵は銃を使用して圧倒的な侵攻を進めた。
慶長の役は1957年から秀吉の死、1958年の途中まで。明国が朝鮮軍を支援、
日本軍は城に立てこもり、やはり城からの銃による攻撃で相手に多くの犠牲を与えた。
(洞 富雄著 文禄慶長の役論文より)

その後17世紀、徳川幕府は李朝と外交関係をもち、19世紀なかばまでは日本と良い関係があり、先日、対馬訪問の際に、宗氏の日本と朝鮮の交易の実態を聞き、港も見学した。

鉄砲の伝来)

今諸説があり、ポルトガルがゴアに工廠をつくり、わずか20年ほどで
日本に到達している事実から私は直輸入だと思う。宇田川先生はアジアの国々を伝って来たというが、私が現職のころ、スポンサーのおかげで、タイ、マレーシア、インドネシアなどの軍事博物館の火縄銃を見せてもらったが、とても兵器ではなかったし、半分は日本、堺製の改造品であった。(筑波博でスリランカ館にあったものがその例のひとつだ)
大航海時代の船の移動は、ランボルギーニを1日で日本に運んでくるのとは物理的に異なる。

だから私は当時、明国、朝鮮半島には鉄砲は伝来してなかったと思う。
理由は日本の戦国時代のような荒れ方ではなく、明、朝鮮ともに平和な時代で鉄砲は
必要なかったからだ。それにポルトガルは日本の豊富な金銀との交易に鉄砲を商品として
選んだと同地に行った際、研究家から直接聞いた。

ただ、文禄と慶長の間に4年間あったからその間に朝鮮で鉄砲を装備した可能性がある
が鉄砲は当時の総合的な技術を結集した文明で、文字通り、下地がなければ実現しない。
(今の朝鮮半島核問題と同じパターンだが、朝鮮も核の開発には各国の援助を得て
数十年かかった。)

学生の疑問)
彼女は日本の江戸期のように李朝には多くの火縄銃が存在していたという視点から始まぅている。
でも韓国の博物館は、「朝鮮の火縄銃はあるが、機密であり閲覧させない」と言うので
困っている。

歴史の事実示す要素)
これは研究者として当たりまえだが
① 古文書,② 実物、③鉄砲を製造していたと思われる、鍛冶屋や火薬職人の背景、つま図とか図面とか遺跡が残ってないと研究を続けることはできない。

朝鮮には鉄砲文明はなかった)
ほとんど日本と世界の研究家はそのように考えているだろう。

文禄の役で満州まで歴々たる武将は侵攻したが。兵站が脆弱で、食糧難に悩まされた。

日本から朝鮮半島に渡った兵力は16万人、朝鮮は明国の援助その他で25万人の兵力。
日本人の死者は餓死など2万人と言われているが、諸説ある。

日本人は数万人の朝鮮人陶工を連れ帰った。
当時、朝鮮陶芸技術は高い水準にあり、江戸期日本の陶芸が栄えたもとになった。

韓流ドラマには朝鮮人が日本武士を鉄砲で倒す、また日本の鉄砲集団がねがえり朝鮮鉄砲隊となったなどの話があるがそそらくつくり話だろう。当時も武士は主君に仕える倫理が存在した。恩賞が受けられないからだ。その構造は覆すことのできぬものだった。

文禄と慶長の間、4年間」
日本のひとりで一日間300発発射し。日本の鉄砲隊に対抗できる能力を情勢するのは無理だ。先に書いたとおり、鉄砲は当時の技術の粋を集め、訓練、演習が必要だった。

おわりに)
東洋史を研究するそのハーバードの学生には古文書、実物、遺跡が存在しないのに
この研究を続けるのは無理だ。

題材を「日本に貢献した優秀な朝鮮人陶芸家」とかのほうが現実的なると今度は返事
する。
別に差別的感情ではなく、もし火縄銃、そのものを知りたければ米港でやってみることだ。
なんでも自分で行動した実績がなければ。

これは日本でも同じ、銃を研究するならまずは諸手続きをして発射すべきだ。
(以上)4

14、帝国海軍19世紀後半の小口径連発砲 ホチキス方式の採用

はじめに)
佐山 二郎著「日本の大砲」は名著である。多くの写真、正確なデータ、手元から離してはおけない存在であることは何度か書いた。
帝国海軍砲は米国博物館でみることができるが艦の砲台や架台が当然ないので展示が難しく、数も少ない。帝国海軍の巨艦主義にさまざまな砲が採用されたはずだが、資料は少ない。現物は呉に戦艦利根主砲身のみが大和ミュージアムの横に展示されている。
日本資料では明治20年ごろ、帝国海軍は連射できる砲艦用艦砲を探しておりそのなかにはホチキス、デルトムント、マキシムなどの実験が行われた様子が記述されていた。
結果、ホチキス37㎜を採用し、日清戦争には小型艦艇に装備されたと、米国資料には書かれている。(リビー教授からの情報)また帝国海軍37mm弾の実物も多くみた。帝国海軍のものは⚓の刻印が入っている。以下はリビー教授の論文と私が保持している砲弾の研究である。

帝国海軍が採用したホチキス機銃)
ガットリング方式で砲手が手でハンドルを回しセミオートで発射した。弾倉には箱型各種があるが重すぎて装填が難しかったのであろう。帝国日本は手込め方式だったようだ。
助手が2-3発ずつ次々を装填した。図①

弾倉は上に立ち20発収納だそうだ。ロシア・ドイツ・北欧をはじめ日本など多くの国で採用された。簡単な仕組みで故障は少ないとみえる。
射程は2300mほどで19世紀の海戦、小艦艇対策だった

ホチキス37mm砲の特色は砲弾)
各種砲弾があるが、1、胴帯でライフルに噛ます。2、ほとんどが鋼鉄弾で信管は尾底だ、つまり相手の防弾被甲を破壊してから炸裂する。観た砲弾の胴帯からライフルは20条。
下は各国銅帯着用弾薬 ②

尾底信管はこの当時は珍しいものであったが、第二次大戦20mm対戦車、対空砲に頻繁に使われた。信管装着には各種存在したが、二つ穴を回す方式が一般的であったようだ。砲弾長は実測950㎜。

日本における採用)
1888年ごろから37㎜砲は、三島、沖ノ島、丹後、相模、秋桜、肥前、岩見、7隻の砲艦に各々8-12門搭載され総計は約30門だった。その他清国からの鹵獲砲艦4隻にも、上記のほかに装備されて
いたと推定される。帯は銅ではなく帝国海軍の砲弾は真鍮だ。③

日本の砲弾の例。⚓の刻印。信管底がついているものは収集家物④

帝国海軍砲艦での37㎜の使用)
恐らく日本海戦でもバルチック艦隊から多数鹵獲しはずだ。⑤

帝国海軍での射撃の様子。⑤

北欧の国々とドイツでは自国生産もしてホチキスの地位を確立。
日本は1898年、小口径機関銃「保式」を制定した。

おわりに)
37㎜ホチキス実砲弾を加工し木台をつけ民間に払い下げられたようだ。⑥


中は空洞だ。⑦

その他、発射砲弾としては以下のように47㎜弾砲が各国で拡大され
た。砲弾全長は20㎜、尾底信管の入る穴の直径は20mmだが、
装薬量が異なり起爆剤も長いから信管の互換性はなかった。⑧

37㎜を拡大し47㎜にした例は外国には多いが、これは同じ
方式、鉄鋼弾、尾底信管で珍しいものだ。 砲弾長さは95㎜、ライフル帯は2帯、先は線状13条、後ろは17条でいずれも銅製だ。⑨


このホチキス砲は帝国海軍の清国、ロシアでの戦闘で活躍した砲だが、あまり語られてなく、研究されてないのは残念だ。
(以上)

30、古文献「玉握術目録」にみる制度化された射撃

はじめに)

私には「火縄銃を撃ったこともなく、その過程の苦労も知らず、勿論目標にもあたらず」古文書だけで火縄銃を
語るのは不十分と考える。勿論、古文書は必要だが、内容が精神論に主をおき「実用的」でないそれら内容対するのが
感想だ。日本は「文書」の国、文字がない時代のことものちにまとめた。(皮肉なことには現代は右左の思想が
入りすぎしばらくしないと文書は役にたたぬ。)
しばらく前、友人から元は巻物だったのだろう。横袋綴じのB5版(横20ⅹ14㎝、厚さは9-10mm程度の標記の古文書を手にいれた。奧付けがない。「東山 向右衛門 真重 花押」より「渡辺 茂之助殿」だけで年号は分からない。

状態は良い

推察では17世紀、砲術家の地位が戦闘家から指南に変化したころの内容を巻物をページ数では
72px20cm、140㎝くらいの正常な文書を19世紀初頭、状況の変化から洋風の
本したてにしたものではないか。


内容)
火縄銃射撃の全般に及ぶ詳しいもので、特に距離による射撃部分が充実しているが、榴弾でもない一貫目筒を射撃してどのような効果があるかには触れてない。

町撃ちの布的儀式に関しての図や内容は良く理解できる。この図では黒点があり、そしてこの距離110m丁打ちでは命中しないことが多いのでもう一枚、もっと大きな幕を後ろに立てる。
黒点は〇のしたに横棒があり、これは気候、薬量を最初に調整できる仕組みだ。
こうなると精神的伝書よりかなり技術書に近い。

目次)

1、 鉄砲

〇三匁五分筒の弾わり、薬量などの詳細からはじまる。出会いは敵への発射開始距離だが400mとかなり遠い。
近代銃をかわらない。

〇四文五分筒

〇十匁玉筒

〇十匁玉筒 無格好な図だ。
矛盾と的場詳細)

私はこのような銃はみたことがない。火皿がない。ばねが16世紀初頭欧州方式だ。

大きな疑問はなぜこのような「ばねの方式」を描いたのか?

2、火薬之巻

火薬に関しては、篭火、削之非(熊野ホクチ、くらま石、灰、生のう、硫黄)と詳細だ。だが指南の
花火師の感もある。
〇抑止之、〇のろし、〇夜討天文火、〇口薬、〇止黒錬処明、
火薬に関しては花火師的内容も多い。
〇任王(白 樟脳100、黄色 硫黄20、黒 墨20)
〇初種、〇大嵐、〇小嵐、〇花香、〇水無月、〇明星、〇嵐陰など多種な名前で各々の薬の配合を示して
ある。

3、銃種の名称

先の十匁筒のあとは
〇小筒の図 弾金(口径か)一寸八分と口径の大きな銃がつづく、十匁、十匁五分、二十匁、二十五匁、三十匁、四十問目、五十匁、六十匁、
七十匁そして百目(ママ)400g、ここまでだ。一巻目は約4kgでこれが船舶の側面水面上に命中すれば効果はあろう。
つまり大砲がないから、大筒で敵陣地や船舶を射撃する19世紀初頭の戦術を、戦国末期も内容からまとめているわけだ。言葉が統一されてないのがその証左であろう。土浦藩「關流」などもそのひとつだろう。「關流」にも良い古文書が同地の博物館にある。
的場について)
先に町撃ちの図を出したが、「角場」は葛飾 北斎の描写とはかなり異なり、形式や礼を重んじている。
普通は二十間(約30m)、的一尺五寸(48cm)、角八寸(24cm)、星半寸(黒点は1㎝くらい)だった。

台所まである

おわりに)
この文書は大阪城攻撃の祭あたりに砲術家が作成したもの徳川中期の戦闘なき時代を加え、19世紀初頭、「外国船打ち払い令」の対策内容ではないか。
船舶には火縄銃は駐退を射手の体で受け、射程も100-200m程度、榴弾でない、と言う条件から船舶に命中、轟沈させるのは無理だ。
やはり大砲だ。それに徳川幕府、各藩は気が付き、1870年頃より大砲鋳造に誠真したが、歴史は皮肉だ。日本はあっけなく明治維新を迎えた。
一つ現在に至るまで言えることのひとつは日本国は明治二十二年に尺貫法をメートル法に改め、あらゆる武器兵器はメートル法を使って開発製造し効率を上げたことだろうか。
(以上)

新発見 9:将校用小型拳銃収容嚢のデザインは「名古屋工廠」なり

はじめに)ここ何年か311災害の東北各県、その後の九州の地震などで多くの家屋が
崩壊し、再建築するために古い家屋を処分した。
その際に少なからず屋根裏、壁の空間、納屋などから銃砲刀剣類が発見され、当該地の
警察署に報告された。刀剣は問題ない、発見届けを出し、登録審査を通過すれば持てる。
古式銃は微妙であり、拳銃と弾薬は問題が多い。

陸上自衛隊武器学校資料館展示品 ブローニングのものだが造りが異なる
多くの各地警察署は陸上自衛隊武器学校に状況と写真を添付して尋ねてくる。
自衛隊にはそれに責任ある回答をする任務も義務もないが、以前は善意で答えていた。
しかし、近年は民間人で武器学校顧問である私にその任が回ってくる。
写真を観察し責任ある回答に心がけている。外国で博物館、収集家、本など多くの情報を研究した経験が生きている。
米国の友人たちも助けてくれる。以下はその一例である。

① 九州のある警察署からの問合わせの例
とある家で故人の遺品として、小型コルト拳銃と装具、弾薬100発、発見が報告された。
その方は技術曹長だったそうだが、終戦と同時に尉官になった。「裕福なご家庭で
なかったですか?」「弾薬のケースの頭がピンク色ではないですか?」の質問をした。
(けして弾薬を試してはいけないとも伝えた。古い弾薬は危険だからだ。)

② 装具品は収容嚢、弾入れ、すべて未使用で良い状態の写真が付いていた。
これは珍しい。収容嚢に名古屋工廠昭十七.七月と鯱の刻印が見えたのだ。
弾薬収容嚢は厚い皮革でこれには「大」大阪工廠と△の刻印、五〇発入用だ.
ブローニング、コルト小型拳銃弾倉は異なるが(ロスの葉山さんに教えて
いただいた)同じ。32ACP弾を使用し、日本の工廠で製造、供給していた。

③ 武器学校への寄贈を依頼する。
警察庁の許可を得るという返事だったが、紙箱もお願いした。
これはありがたい。依頼の文書と鑑定は私が書いた。
なぜ重要かというと帝国日本軍の拳銃収容嚢は南部小型も含め、フラップ
(蓋の両端がつまみ型になっていて、柔らかいながら実用的かっこいいからだ。
南部小型、ブローニング、コルト各々微妙にサイズが異なるが同じデザインなのだ。
(南部小型には様々な形があり、町の靴や製など不格好なもののある)

武器学校には小型コルト32口径はあるが、収容嚢はなかぅたし。
いただいたものには負皮帯がなかったが。

名古屋工廠歴史には1930年代後半に中国で多く鹵獲したコルト整備したと
ある。(葉山氏は50-55代シリアルが日本に正式輸入され、この拳銃は40万代
で中国で鹵獲したものの払い下げだった
寸法 11x4x0.55cm
勿論価値のあるのは日本製だ。カタカナの「ス」が大きくスタンプされている。

50発拳銃弾箱がこの収容嚢に入る。

水交社の販売だったのか、持主は帝国陸軍だったのか、帝国海軍だったのか?不明だ。
終わりに)
東北から出る古式銃は登録できないほど、改造し、痛んでいるものが多い。特に珍しいものも少ない。
警察署、警察庁が正確な判断をしてくれると今度のような新発見がでる。
葉山氏は日本の収容嚢に入った小型コルト32口径を5セット観察したが、製造刻印のあるものはなかたそうだ。
この拳銃の収容嚢以前にも製造者が不明な収容嚢は沢山あるが、刻印を打つくらいだから、元は名古屋工廠で
あり、ブラザー工業などが製造した可能性は高い。警察署と葉山しに感謝する。
(以上)